格安ツアーならではの到着の翌日の無理やり一日市内観光というのがお決まりのパターンだけど、最近はそれを捨てれる選択もできるようになった。つまり完全フリーだ。しかし延泊一日した我々は市内を自力で観光するのがどれほどのエネルギーを必要とするかとかを今までの旅行で思い知ったし、初めての国ということで市内観光を選択したのである。しかしこの観光もお昼がついてあちこち回ってくれて説明もしてくれてといたれりつくせりだった。これで旅行代金って5日間で5万円でおつり来る値段・・・どこでどんなふうに儲けてるの?すごいぞ旅行業界。

朝は8時から出発です。早いよぉ〜(><)と思ってたらあっという間に「忠烈祠」に到着。ここは観光ガイドによると・・・

抗日戦争や共産党軍で戦死した約33万人の兵士などの霊をまつっている」

ということは靖国神社のようなトコじゃないの。あ〜サンダルできちゃったよ。。。すいません。

 

ここは衛兵さんの1時間ごとの交代が観光ポイントになってて、それはそれはすごい人。最初の門の前ですでにこんな状態。

 

いろんな人種が門のところで足止めされてます。どうやらこれから交代の儀式があるみたいで、兵隊さんよりも前には進めないのでみんな待っているところです。私はこういうとこでは埋もれてしまいますので、新聞記者のように腕をあげてノーフレーミング。オクにある社のそのまた奥が本殿(というのかな?)です。そこまで衛兵さんは進んで行き、交代をします。

 

 

 

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー