小一時間以上ゆっくりと休んだし、とてもゆったりした気持ちになり、端から端まで一応見たので九分名物のの坂を下ることにした。

これがどの観光ガイドブックにも載ってる名物の坂道の一番上である。ここから観光客の大半は麓のバス停までくだっていくのだ。とても狭く坂もコケちゃったらとまらないんじゃないかというほど急。

 

フト目にはいったみやげ物屋の獅子舞(というんだろーか)が気に入ってしまった。おみやげは使い物にならなくても極端にインパクトのあるものか、「ふ〜ん、ありがとう」とすぐに忘れてしまうようなあたりさわりのないものに限る。私は個人的には土産、中元、歳暮など撲滅して欲しいと願ってやまないんだけど、まあそれを突き通すほど強くも思ってないのでそのときに思い出す人には選んで買っているが、それほどたくさんの友達がいるわけではないので数は少ないがそれなりに悩む。時にはなんじゃかんじゃと迷って、結局決められなかったり一日費やしたりしてしまう。初めて海外に行ったときなんか、毎日おみやげものを買ったりしてた。Tシャツなんかは行商人か?というほど買ったりして10年たったいまでも大量の在庫があったりする。段々とバカなことは減らしていこうかなと、これからお義理は全て帰ってからソニープラザで買ったマカダミアナッツにしようかと思ったり。。。インドにいってもマカダミア。フランス行ってもマカダミア。ブラジルいってもマカダミア(笑) なんかいいな♪今度からそーしよう。

 

さて、お店の方はと覗いてみると・・・ お〜!なんてナイスなお店なんだろう!ごちゃごちゃとしてるのにお店の主はどこになにがあるかきっと全て把握してるんだろう。うん、こーいうお店には心くすぐられる。好みだ。よし、ここであのお面は絶対買うぞ〜!他になんかあるかなぁ〜。

 

 

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー