< がんばれCRJ(JAL) >

 

JALのCRJはJ−AIRとあるが、まあ私にはJALとしか見えない。白地に赤だったらなんでもJALだ。一回だけANAの色の方に運良く成田から帰阪する際に乗ったことがあるのでANAの方に親しみを感じてしまうのはとっても勝手な理由。でもこれもかわいくて大好き。

 

 

JALの機体色はボディラインが無いのでどうしても少し太目に見えてしまう。白と赤だからANAと比べると余計にそう見えてしまう。ただ見てる分にはどうでも良いことなんだけど、撮影する際にはボディ色って重要なのだ。カメラの露出計というのが詳しく言えば反射した光を計っている、ボディ色で露出が変わるのだ。特に白を白く写すというのはなかなか最初は困難な作業だったりして、オートで撮るとくら〜〜〜くなっちゃうのだ。

 

 

 

 

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー