< 雨上がりの空に >

 

 

滑走路に向かっている時から少し降ってきた雨が信号待ちの頃から激しくなって道行く人たちの足が駆け足になるほどの夕立になった。ちょっといい絵が撮れそうな、そんな期待を抱きながら走らせる。

雨が止んできた頃にようやく飛び始めた。待ち時間も空や光を見て自分なりのデータを頭でめぐらせカメラの指示値を決める。スモークと水しぶきが舞い散った瞬間に地上と離れて空へと舞って行く。翼が全ての体重を支えるように弓なりにしなり、その瞬間はとても美しい。

 

 

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー