< スタンダード >

 

前回の続き

なんだ、わざわざスズカに行ってお前は絵みたいな写真しか撮ってない変人か?と思われてもいいんだけど一応こーいうのも撮るには撮っています。1コーナー&2コーナーのスタンドはテントでも張れそうなくらいのガーラガラなので好きなトコから撮れるんですが(F1の時は無理ですね、第一席が買えない)ここの弱点を発見してしまいました。

お分かりになった方はすごいです。

1コーナーをクリップして2コーナー立ち上がりまでの間、スロットルを開けていないマシンが多いのに気がついた。単車というのは駆動をチェーンで行っていて、駆動を駆けるとチェーンの上側が引っ張られます。この青いマシンは下側がピーンと張っているのでエンジンブレーキがかかっていることになる。絵的にはバランスも良くテレコンで手持ちということも考えても良くがんばってる写真といえるんですが、残念ながらこーいう力のはいっていない姿からはあまり伝わってくるものがないというか(ライダーはたまたまの一瞬でこの時に気を抜いているわけじゃないので失礼なのですが)、これは私の撮影ポイントの選択ミス、やはり立ち上がりのパワーを駆けた瞬間を狙うべきでした。

スズカは広大で、ちょっと奥までいくとけっこうな距離になります。そういうとこらへんで「まあここでええか」と安易に腰を降ろしてしまったのが最大の間違いでした。

もうレースは中盤にはいっていましたので、移動もできない... そこから狙えるショット・・・と考えたのが先のスローダンサーです。突っ込みポイントも少しトリミングしないと遠くてどうしようもないのですが、最後の絵のような勢いのある絵が撮れます。今度はどこで撮ろうか、まだまだ足を運ばないと。


ね?根性の入り方というか、伝わってくるものがちゃうでしょ?

 

 

 

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー