< 八橋小町 >

 

京都を訪れるのは私にとっては珍しく、どういうわけだかこれといった理由がないのだけど足が向かない。(京都の人ゴメンナサイ!京都も好きなトコはいっぱいあるんです〜!)それでも年に数回は遊びや用事で行ったりしていて、この日も嵐山に行きたいというわけでもなく「足湯」があるとパンフに載ってたのでかわいらしい嵐電に揺られて終着駅まできた。

GWということもあって大賑わい。駅を出た瞬間に、どこにでもある量産観光地の光景が広がっていて、一気にゲンナリしてしまう、私はアイスクリームもオルゴールもひしめき合うボートもいらない。なーんもないトコの方が好きなのだ。(そう、ほんとにそれだけの理由なので全く他意はないのです)

いっしょに行ってたのが大の親友だったので助かった、さっさと戻ろう、というオーラを発してるのを解ってくれてすぐに駅に戻り電車を待つことになった。足湯なんかも、もうどーでもいい。GWだしね。しょーがない。

嵐電はとってもかわいいワンマン電車。途中から路面電車に変わるので車中からの光景も飽きない。大阪のチンチン電車(阪海電車)もいろんな広告バリバリだが、ここもやはりそうである。電車がまるごと広告なのでなかなか面白い。発車していく列車を目で追っていて、頭に指令が来る前にもう体がカメラを構えて追っていた。

電車のほんのりピンク色がなんとも似合う君がゆっくりと通り過ぎていく。
私は 一気にご機嫌さん、単純明快な思考回路なのだ。

 

 

 

 

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー