< 黄昏の揺らぎ >

 


α7D 300mm+x2テレコン 1/200 F7.1  ISO100

 

 

目では見えない、見えていても離陸する機体に目を奪われてしまうから、後で撮った写真を見て ハッ! としてしまう時がある。動きモノの場合ファインダーを覗いている時は特にピンをあわせたいトコロに気を集中しているのでとてもとても画面の隅々まで完全に掌握している余裕が無い。

でも、何度も撮っていると予測というのができるようになる。こんな感じでいってくれるだろう・・・

想像以上に揺らいでくれた。梅田のビル街をも包むオレンジ色の空気を見事に油絵のタッチで軌跡を描きながらの離陸。緊張感から解放され西に見送る。何度撮っても飽きることがない一瞬なのである。

 

 

 

 

 

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー