< たまには街に出るもんだ >

 

ここんところは雨が続いているが、季節的には春の遠足ラッシュである。
今週はじめにも同行撮影があったんだけどそこで久々に「目、釘付け状態」になるおとーさんを発見した。

どこにいらっしゃるかわかるだろうか。

では、クローズUPぅ!!!

う〜ん・・・やっぱり何度見ても非常に不思議である。
お昼時であちこちで弁当を広げる光景が当たり前に見られたのだが、ここだけは何かのオーラが発せられたかのような
いわゆるムー的なスポットとなっていたのである。回りの園児をそっちのけで、密着取材をしてみたい衝動に駆られてしまう。

 

ランチスタイルは基本的に立食みたいである。一見背広なので普通かちょっとなんか電波っぽいかなぁと感じるだけであるが
そばを通った先生曰く「あの背広、めっちゃボンロボロでしたよ」だそーだ。

 

そしてまだ我々を待ち受けてるものがあったぁ!

子供たちが「すげー!」とか「あれ撮ってぇ〜!」とわいわいと騒ぎ出したので見てみると・・・

なんと今度はハトオヤジである。普通のパンをやってるオヤジなんて生半可なものではなく、う・・・埋もれているのだ。これはすごいぞ。
ハトの様子を見ていると、どうやらもうずいぶんと毎日同じことをしているようで、この懐き様はムツゴロウさんもびっくりだ。

 

この昼下がりにハトと会話するオヤジと、全くスルーして通り過ぎる一般ピーポー。
頭と肩に当然のごとくのっかってるハトが付き合いの長さをあらわしている。

 

もう少し詳細な絵を撮りたくて近づいてみた。
世間など全く意に介さぬ様子で子供たちと戯れるおとーさんと
ほぼ完璧に信頼しきってるハトの姿、心に響く何かを見せてくれた。

なんか、ハトの後姿かわいぃー。

これだけ慕われれば嬉しいやろなぁ。うん。

 

やっぱり人間っておもしろい。まちに出よう。なんかがある。

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー