< 見てるだけで楽しめるモトルネマシン >

 

モトルネには様々なクラスがあり、その出場マシンをあれこれ見る楽しみもある。一時の賑わいが無くなったシングルのカテゴリーとはいえ、マシンはものすごい進化をとげてるし、え?こんな走りもOKなんや・・・といろんな意味でびっくりしたこのマシンがどのクラスか知らないが優勝したのもまた面白い。ウェッティーな路面を自由自在に走っていた。ちなみに後ろの32番のマシンはヤマハのSR、2VSクラスで優勝。マシンもパッと見じゃSRってわからないくらいスゴイけど、ライダーがこれまたもっとすごい。

 

モトルネに限らず今のバイクシーンのメインユーザーがカンバック組のおじさん達であることはもう周知の事実。昔乗っていた「にーちゃん」が、今ある程度の余裕を持ち「へえ〜、今のバイクってこーなってんだ」ともう一度走ってみようかなということだそうだ。なんかサケがほわわと浮かんでくる。

若者ほど単車エンゲル係数が高いわけでもなく、ベースを買ってカスタムにつぎ込んでゆく人やツーリングを謳歌する人、サーキットの狼になる人、磨き倒してピカピカのまま持っておく人、様々である。

モトルネ参戦者も年齢層はかなり高い。参戦費だけじゃなくてマシン制作費や維持費、嫁さんヨイショ代などいろんな出費が嵩むので草レースとはいえ、おいそれとそこらにあるマシンで出てみよっか、なんて言えないハイレベルな大人の遊びになってるような感じを受ける。で、その根底にあるのが「遊びだけど、けっこうマジよ」っていう微妙なニュアンスのトコなんよね。それがマシンからもプンプンにおってくるし、コーナーを見つめる目からもわかる。フレームなにこれ?!ものすごいんじゃないの?!このマシン! っていうのと同じくらい根性入った目線、そして降りたらやさしいニコニコおとうさん、ってのがカッコいいんじゃないかなぁ〜。

 

オフィシャルの方は早朝から夕方まで大変。走る方や観る方はスケジュールどおりに進んで当たり前と思ってしまうが、こういう方がキチンと細かいことをしてくださるのでつつがなく進行していくのである。

続々とコースインする2気筒のモンスターマシン達。オフィシャルの指示でのコースイン等があると、俄然本気度もあがってくる。

 

そして高速S字前の2コーナー、もうペタペタである、激しく尊敬〜。 ここからバックストレートエンドまでの高速セクションをいかに速度をキープしていけるかというとこで数秒違ってくる(と、だいぶ前のリバーフィールドの講習会で聞いた覚えがある)そうなので、非常にちょべりアヤカリタイ私である。

2コーナーでの撮影は、各ライダーの個性が出てて非常に面白い。ヘルメットの頂点しか見えないほど深くハングオンな方やノリックの様な上体を起こして走る人、様々だけど、一番の気に入ってる点は夕方になってからの日差しがいい具合になってくるところだ。ココのサーキットでは走るのは別として(だってどこ走っていいのかわからないんだもん)撮ってて好きなコーナーだ。

 

どういうわけかわからないんだけど、黄色やオレンジなどのわかりやすいカラーにひかれてしまうようで、子供みたいな思考回路なのかもしれない。そこに更にストロボカラーが入るともーダメである。どうしても「ん!?」って向いてしまう。で、ニマァ〜(^^)・・・カッチョイィ!  だってね〜・・・このカラーリングっておもっきりキング・ケニーだもん。ヤマハ万歳、うひゃ〜!

ベース車両がこれまた私にはわからんのだけど、こういうパッと見て脳天にズギュム!とくるマシンは最高だ。ライダーがすこしアメリカンチックな外出し裾のツナギなど、ちょっと雰囲気が普通じゃないが、このマシンはどっちでも似合ってしまうなぁ。

 

気になる、思わずレンズが向いてしまう車両もいっぱいあったんだけど、普段見られないこういうマシンが走っていると、へぇ〜〜って思わず凝視してしまう。ま、BMW自体街で遭遇することが少ない上に、ゼッケンまでつけて本気でフルバンクしてるBMWってあんましどころかほっとんど見る機会ないもんね。たまに遭遇するのは何を入れるんだかわかんないバーニアケースくっつけてオマケに要るの?っていう感じのCB無線のアンテナ積んだすこし前のBMWだったりするから、そのイメージのまま今のBMWを見たらびっくりしちゃう。こんなカッコいいのもあるんですかぁ〜!?って。

それくらいすごく全体のフォルム、デザイン、造りなど色が好きな色という個人的な好みを置いといてもめっちゃ気になるカッコイイマシンでございました。で、ジャーマンなマシンにはやっぱりメッツラーなんですね。うん。

 


で、フルバンクに近いのがこの図。どー見てもヘッドカバーがバンクセンサーにしか見えない。
ふつーじゃないマシンやよ、これ。でもなんかカッチョいいんよなぁ〜。不思議と。

 

 

 

 

 

 

広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー